イライラ解消

チーズの具体的な種類とは

現在、日本人が何気なく食している食品の中でも多くの栄養素を持っている物は少なく有りません。
特にカルシウムやタンパク質、ビタミン等を多く含んでいる食品としてチーズを挙げる事が出来るのですが、実際にはその中でも数多くの種類が存在するのです。
世界中のあらゆる土地で作られており、その原産国を始め、土地の気温や湿度・風土等によっても更に細分化する事が出来ます。
では、具体的にはどのような種類が有るのでしょうか。

まず、市販でも多く見られるものと言えば、やはりナチュラルチーズとプロセスチーズを挙げる事が出来ます。
どちらも見た目に対した変わりは無いのですが、実は内容は全く異なっており、種類によってその特徴が全然違うのです。

ナチュラルチーズの場合は、文字の通りナチュラルで自然なタイプとして扱われています。
本来存在している乳酸菌や酵素、バクテリア等を自然の形で発酵して熟成している事から、生きたチーズと呼ばれているのです。
もちろんこの中でも更に種類を分けることが出来るのですが、例えば水分の量や製品の硬さ、保存の仕方や成分などで異なってくるのです。

そしてもう一方のプロセスチーズとは、保存期間が非常に長い事が特徴的です。
ナチュラルチーズに熱を加える事で溶かしてしまうのですが、溶かした中に添加物等を加える事で固めていきます。なので酵素などの成分は生きておらず熟成も発酵も全く進行しないので、長期間の保存をしたい場合に適しているのです。

以上のように種類を大きく分類すると、自然の形で成分を保っているナチュラルチーズと、熱や添加物を加えて保存用に適したプロセスチーズを挙げる事が出来ます。
前者は保存期間が短いので傷んでしまうリスクは有りますが、その分自然な形で成分を摂取する事が可能なのです。
もちろん消費者のニーズに合わせて種類を選択出来るので、これらの違いを把握しておけばきっと役立つのではないでしょうか。

このページの先頭へ